市來杏香さんとは? ダンスに専念もふたたびFlowerボーカルとして活躍

2015/03/27 10:20
 
 
 
Flowerのヴォーカル&パフォーマーとして活躍する市來杏香(いちき きょうか)さん。ボーカルの武藤千春さんが脱退した後、ボーカルとして鷲尾怜奈さんとともにFlowerを引っ張っています。
歌とダンスとともに明るいキャラクターにも注目の市來杏香さんをご紹介します。



市來杏香さんのプロフィール
市來杏香さんは、1997年1月4日生まれの現在18歳。福岡県出身で、姉の影響からダンスを始めました。子供の頃はダンスに夢中で、EXPGの福岡校開校を知って中学生から通い始めます。

とにかくダンスダンスダンス!というほど夢中になっていたのだそうです。またEXPG福岡校には、後にFlowerとE-girlsでともにボーカル兼パフォーマーを務める鷲尾伶菜さんもいました。

思いがけない合格!
2011年7月のFlowerの新しいメンバーを探すために行われたLDH主催の「VOCAL BATTLE AUDITION 3 ~For Girls~」のヴォーカル部門で鷲尾伶菜・武藤千春とともに合格して、Flowerに加入します。

当時はまだ14歳でしたが、ずっとダンスをしていた彼女がダンスではなくボーカルで合格したことから思いがけない合格であったと語っています。なんと歌は、このオーディションがきっかけで始めたというから驚きです。

性格は明るく元気
そんな市來杏香さんは、クールな見た目とは裏腹に、とても明るく元気で皆に愛されている性格なようです。なんとメンバーから、“赤ちゃんキャラ”とも称されており、ときたま「うるさい」と突っ込まれるほど元気が良いそうです。

ちなみにキャッチフレーズは、「イッチキチーのサンドイッチ」。これは、彼女がお父さん手作りのサンドイッチが大好物だから。

妄想好きな市來さんの彼氏は?
そんな市來さんは、ラジオで暇さえあれば妄想していると語っていました。恋愛に関しても妄想しているとのことですが、現在は彼氏や恋愛の噂などはありません。

ダンスに専念も、ボーカルとして活躍へ
デビューしてしばらくは歌声を披露することはなくパフォーマーとして活動していた市來さんでしたが、2013年8月に発売された『太陽と向日葵』でふたたびヴォーカルを務めました。高音で心地よく通る声が特徴で、ファンからはふたたび市來さんの声が聞けることで期待の声が高まっていました。

そして、2014年には武藤千春さんがFlowerを脱退したことで、いよいよメインとしての仕事が増えました。今後の市來さんの歌声に注目が集まります。

 
 
 

Flower

テレビ

毎週月曜日
25:30~ TBS「週刊EXILE」 E.G.family

ラジオ

毎週月曜日
20:00~20:30 FM OH!「Dream Shizukaの dream a Dream」 Dream Shizuka

本・雑誌

毎月23日発売
CanCam(キャンキャン) Happiness
JJ(ジェイ・ジェイ) Happiness 藤井夏恋
Ray(レイ) Flower 佐藤晴美