エンタメ

大谷翔平の通訳・水原一平の年俸はいくら?通訳の仕事って?

6月26日行われた【MLB】エンゼルスvsマリナーズの試合で、両軍の選手・監督が総出となる大乱闘が起こりました。

その時に、大谷翔平選手を守ったとして、通訳の水原一平さんについて「大谷選手のボディーガードに賞賛!」という記事が、ネット上を騒がしています。

水原一平さんと言えばイケメンで、アメリカのファンの間でも、「IPPEI」の愛称で親しまれ、メジャーでもっとも有名な通訳です。

今回は、そんな大谷翔平選手の通訳の水原一平さんについてご紹介します。

ぴょんこ
ぴょんこ
通訳の水原一平さんを紹介するよ!

水原一平のプロフィール

名 前:水原一平(みずはらいっぺい)
生年月日:1984年12月31日
出 身:北海道苫小牧市
身 長:183cm
出身校:カルフォルニア大学
職 業:通訳

水原一平さんは、6歳まで北海道苫小牧市で過ごし、1991年に父親がロサンゼルスで和食の料理人を始めたことで、アメリカへ移住。

高校までは、サッカー部とバスケットボール部に所属。

2007年にカルフォルニア大学リバーサイド校を卒業しました。

小学生の時から、アメリカに移住してロサンゼルス育ったので、英語はネイティブレベルです。

2017年オフに、大谷翔平選手がロサンゼルス・エンゼルスへ移籍したことで、専属通訳として、現在エンゼルスに所属しています。

水原一平の通訳の仕事


水原一平さんは、2017年オフに、大谷翔平選手がロサンゼルス・エンゼルスへ移籍したと同時に、専属通訳としてエンゼルスに所属しています。

おもな通訳としての仕事は、通訳、会見、ヒーローインタビューでの同時通訳があります。

通訳という仕事の他にも、大谷翔平選手の球場への送迎や、広報、メディアのスケジューリング、キャッチボールの相手、生活のサポートをしています。

通 訳

水原一平さんは通訳として、常に大谷翔平選手の側について、インタビューの受け答えや、他の選手とのコミュニケーションの通訳をしています。

試合後の大谷翔平選手のヒーローインタビューでは、流暢な英語で、日英の同時通訳をしながら、即座に大谷翔平選手のコメントを伝えてくれています。

また、球場でも常に大谷翔平選手と一緒に行動して、チームメイト同士のコミュニケーションを、円滑に進めています。

同時通訳をするためには、かなりの高いテクニックが必要になります。

  • 高い語学力
  • 聞き取る集中力
  • 正確な理解力
  • 言語の表現力

この点に関しては、水原一平さんは野球の知識を持った専門性のある、プロの通訳と言えるでしょう。

スポンサーリンク



球場への送迎


水原一平さんは、大谷翔平選手を球場へ送り迎えをする運転手もされています。

試合前の野球選手は、テンションもあがり緊張もしますが、野球選手の通訳を経験してきた水原一平さんなら、選手のそういった試合前の心境も理解されているはず。

大谷翔平選手にとっては、精神的にもリラックスでき、安心して車の運転を任せられるので、試合にも集中して臨めるのでしょう。

広報役

水原一平さんは、大谷翔平選手のメディアの取材の日程を調整したり、遠征時はスケジュールの調整をしたりと、仕事は多岐にわたります。

また、大谷翔平選手のグッズなどを販売する促進をする広報もされています。

2021年7月4日の試合では、スタジアム入場者14000名に配られたノベルティの枕がコチラ▼

大谷翔平選手の笑顔をちりばめたユニークなTシャツが▼

このように、大谷翔平選手のグッズのデザインなども、水原一平さんが担当されているのかもしれませんね。

キャッチボールの相手役

水原一平さんは、大谷翔平選手のキャッチボールの練習相手にもなります。

基本は球団コーチやトレーナー、捕手とキャッチボールしますが、調整する相手がいないときにはキャッチボールの相手を務めています。

スポンサーリンク



水原一平さんの通訳になるキッカケ

水原一平さんが、通訳のなるきっかけは、ロサンゼルス・ドジャーズに所属していた野茂英雄選手の活躍により、MLB(メジャーリーグベースボール)に興味をもったそうです。

2010年は、ボストン・レッドソックスに所属していた岡崎秀樹選手の専属通訳として務めていました。

2012年に日本に帰国し、現ロッテに所属しているレアード選手や、メンドーサ投手などの外国人選手の通訳や、生活のサポートを担当しました。

日本人選手からも、とても好かれていて「一平ちゃん」という愛称で呼ばれているそうです。

引用元:ウィキペディア水原一平

水原一平さんは、日本ファイターズの球団通訳として活躍していたときに、大谷翔平選手と出会います。


元々、メジャーで通訳の経験をしていたことがある水原一平さんは、日本ハム時代に積極的に大谷翔平選手から話を聞くことも多かったようです。

水原一平さんを専属の通訳に指名したのは、大谷翔平からオファーをしたと言われています。

大谷翔平選手がアメリカのメジャー行きを決意したのも、メジャーでの通訳経験と信頼の置ける水原一平さんがいたからかもしれませんね。

水原一平が「最優秀通訳賞」受賞


メジャーリーグ・エンゼルスの球団は、大谷翔平選手の専属通訳の水原一平さんを「MOST VALUABE INTERPRETER」(最優秀通訳賞)に認定しました。

水原一平さんがこの賞を受賞した理由は、

二刀流の大谷翔平選手が、ア・リーグのMVPに輝いた功績は、メジャー1年目から専属通訳として支え続けてきた、水原一平さんをの功績でもあるとし称えたものでした。

大谷翔平選手は、「誰が最も支えてくれたか」について、

「イッペイさんに最も支えてもらいました。彼はいつも傍で自分と働いているので、彼ですね」と語ったコメントを紹介。

大谷翔平選手をここまでサポートしている水原一平さんは、エンゼルス球団にとっても必要不可欠な存在なのでしょう!

水原一平の年収は?

一般の日本の球団における球団通訳の年収は、400万円~600万円といわれています。

ネット上の求人の募集の応募資格は以下の通りです。

■外国人選手との通訳を円滑にこなす英語力(日英の通訳が可能なレベル)
■野球経験もしくは野球に関する知識
■スペイン語ができれば尚可(必須ではございません)
■野球に関する通訳経験があれば尚可

メジャーリーガーの通訳の年収は、800万円~1000万円といわれています。

元ヤンキースの田中将大選手の専属通訳をしていた方で、年収は900万円ほどだったことから、水原一平さんの、現在の年俸はさらにそれ以上だと考えられます。

しかし、水原一平さんは通訳だけでなく、大谷翔平選手の車の送迎、取材のスケジュールの広報役、プライベートな生活のサポートまで行っていることを考えると、年収は1000万は余裕で超えると推測します。

スポンサーリンク



水原一平の美人妻

水原一平さんは、2018年に結婚しています。

大谷翔平選手がメジャーに移籍する時に、水原一平さんも奥様も一緒に渡米しています。

ネット上では、「美人の奥さん」と話題になっています。

一方で、奥様の詳しい情報はありませんが、ファイターズガール 野間えりかさんではないかと言われています。あくまでも推測ですが…。^^

確かに、水原一平さんと映っている奥さんの写真と似ていますね。

水原一平さんは、日本ハムファイターズで通訳をされていたことがあり、その時に、ファイターズガールの野間えりかさんと知り合ったということは十分あるかもしれませんね。

【2022年】大谷翔平の年俸はどうなる?総額400億超えは余裕?エンジェルス投手・打者としてもすばらしい結果を叩き出す二刀流、大谷翔平選手に熱狂しているファンも多いでことでしょう。 今年2022...

水原一平【まとめ】

今回は、大谷翔平選手の通訳の水原一平さんについてご紹介しました。

水原一平さんは、大谷選手の通訳だけでなく、さまざまな面からサポートをしています。

お二人はとても仲がよくて、プライベートでもゲームをしたりして、常に一緒に過ごしているそうです。

アメリカと日本では、考え方や生活習慣も違うので、そう言った点からも幼少期からロサンゼルスで育ち、流暢な英語が話せる水原一平選手の存在は非常に大きいです。

今の大谷翔平選手のメジャーでの活躍には、水原一平さんの存在が欠かせないですね!

ぴょんこ
ぴょんこ
最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました!