イベント

東京ディズニーランドへ行くときの服装は?天気別コーデ&持ち物

東京ディズニーランドへ行くときに迷ってしまうのが、その日に着ていく服装ですよね!

天気の状況や気温の変化によって、すぐに対応できるような服装や持ち物を考えないといけません。

せっかくの東京ディズニーランドで、「雨で濡れてしまった!」「暑すぎて屋外に出れなかった!」なんてことにならないように、事前の準備をしましょう!

今回は、東京ディズニーランドへ行くときの、季節ごとの服装や持ち物をご紹介しますので、快適に楽しい時間を過ごしましょう!

ぴょんこ
ぴょんこ
ディズニーを楽しむなら事前の対策をしよう!

東京ディズニーランドの場所

名  称: 東京ディズニーランド(TDL)
住  所: 千葉県浦安市舞浜1−1
電話番号: 0570-00-8632
最寄り駅: 東京ディズニーランド・ステーション駅

東京ディズニーリゾートは、千葉県の舞浜にあります。

海に近いため、平均気温よりも冬は海風で寒く、夏は湿気やコンクリートの熱気で、かなり暑く感じます。

東京ディズニーランドの気温(春・夏・秋・冬)

東京ディズニーリゾートの気温(℃)

気温が10°~1桁台とかなりの寒さになるのは、12月~3月上旬までです。

1桁台の気温になると海側のディズニーリゾート、特にディズニーシーは海風が吹き、かなり寒く感じます。

10℃~15℃になるのは3月中旬~4月末と11月、15℃~20℃になるのは4月中旬から5月末と10月くらいの気温です。

この頃の季節は、日中でも過ごしやすく、東京ディズニーランドに行くのに一番おすすめ時期になります。

20℃~25℃になるのは6月と9月の初夏と残暑にあたる時期は、日中の気温が高くなり、20℃近くになるとコンクリートの照り返しで、更に暑く感じます

東京ディズニーリゾートが25℃以上になるのは、7月や8月の真夏です。

コンクリートからの照り返しと海側のむしむしとした熱風で、通常よりもさらに暑く感じます。

東京ディズニーランドの日照時間

東京ディズニーリゾートの日照時間が一番長いのは、6月~8月になります。

夕方夜遅くまで東京ディズニーで遊びたい方は、この期間がねらい目です。

東京ディズニーランドの雨の日対策

東京ディズニーリゾートの降雨量

東京ディズニーリゾートの降水量が一番多いのは、9月10月6月になります。

温度が低いときの雨の日は、晴れの日よりもかなり寒く感じるので、防寒+雨対策もしっかりするのがおすすめです。

雨の日の服装として、足元は雨にぬれても大丈夫なように、メッシュタイプの靴でなく、撥水加工された靴を履くと、濡れにくくておすすめです。

また、タイツはもし雨に濡れてしまった時に履き替えるのが大変なので、靴下のような履き替えが簡単なものにしましょう。

ショートパンツにしておくと雨に濡れても、タオルで足をサッと拭けて快適に過ごせますので、タオルは必ず持参しましょう。

突然の雨でも、ディズニーランドを楽しく過ごすために、東京ディズニーランド雨の日おすすめコースが用意されています。

東京ディズニーランドの暑い日対策

東京ディズニーランドは地面がコンクリートが多いので、通常の気温よりも暑く感じます

また、海からの湿気もあり、さらに暑いと感じることがあるでしょう。

温度が高いときには、汗をかいてもすぐに着替えられる短パンやTシャツ、サンダルなどがおすすめです。

女性は特にUVケアも大事になってくるので、日傘・サングラス・帽子は必須アイテムです!

「顔だけは絶対に日焼けしたくない!」そんな女性には、99%紫外線からお肌を守る、UV効果のある『ひんやり涼しい冷感マスク』がおすすめです!

折り畳み式の雨天兼用の日傘は、持ち運びにも便利で、雨が降っても日差しが強い時も、両方使えるので重宝します。

 

東京ディズニーランドの寒い日対策

寒い日は、中に着るヒートテックを厚手にしたり、ジャケットの中を厚めのパーカーにしたりすると暖かく過ごすことができます。

ディズニーランドの中で、動き回っていると身体が暑くなることがあるので、脱ぎ着がしやすく服装がおすすめですね。

脱いだ洋服もコインロッカーに預けたり、軽くても持ち運びができる洋服がいいですね。

東京ディズニーランドの「コインロッカー」は、全部で8ヵ所あります。

設置場所

・メインエントランス周辺(パーク内2ヵ所・パーク外6ヵ所)ご利用料金
・超大型:800円
・特大型:800円
・大型:600円
・中型:500円
・小型:400円
※ お預りは来園当日に限ります。

<ディズニーランドのコインロッカー地図>

引用画像:Tokyo Disney Resort

東京ディズニーランドの天気の調べ方

東京ディズニーランドの天気は、下記のサイトで調べる事ができます。

東京ディズニーランドの天気https://tenki.jp/lite/leisure/3/15/80/100001/1hour.html

1時間ごとのお天気や、気温(℃)降水量(mm/h)湿度(%) 風速(m/s)など調べることができます。

10日間先までの天気予報まで見れるので、とても便利なサイトなのでおすすめです!

東京ディズニーランドへ行く時の持ち物

東京ディズニーランドで歩いたり、アトラクションに乗る時は荷物が邪魔にならないように、肩掛けポシェットやリュックがおすすめです!

季節ごとにおすすめの持ち物をご紹介します。

春の持ち物

春には、花粉症対策や日焼け対策として、マスク花粉症などの薬ブランケット日焼け止め羽織ものをおすすめです。

夏の持ち物

夏はかなり暑くなりますので、こまめに水分補給をして熱中症対策が不可欠です。ぺットボトルひんやりタオルサングラス帽子日焼け止め日傘は絶対欠かせませんね。

秋の持ち物

秋には、マスク花粉症などの薬ブランケット日焼け止め羽織ものがおすすめです。

秋もまだまだ日差しが強いことが多いので、サングラスと言った夏アイテムが引き続き活躍します。

また、寒暖差が出てくるので、朝方や夜の寒暖差対策で薄手の羽織ものがあるといいですよ。

冬の持ち物

冬の寒い時期には、防寒をしっかりするために、ホッカイロブランケットマフラー手袋・耳当てが必需品になります。

おすすめの持ち物は、薄手で軽くてあったかいダウンジャケットがおすすめです。

ダウンジャケットがあるとかなり寒さを和らげることができます。

東京ディズニーランドへ行く時のコーデ

東京ディズニーランドに行ったことがある人のコーデをご紹介しますので、参考にしてみて下さいね!


引用画像:Instagram:k_y_lalala

東京ディズニーランドの運営時間

季節によって、開園時間が違う場合がありますので、ディズニーランドへ行く場合は、運営時間は必ず事前にチェックしましょう。

開園時間は、ディズニーランドの運営カレンダーでチェックできますよ!

引用画像:Tokyo Disney Resort

東京ディズニーランド | まとめ

今回は、東京ディズニーランドへ行くときの、季節ごとの服装や持ち物をご紹介しました。

季節ごとの気候を把握して、突然の天気の変化に対応できる準備さえしておけば、快適に楽しい時間を過ごせます。

せっかくの東京ディズニーランドを、思い出のある最高の時間にして下さいね!

ぴょんこ
ぴょんこ
最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました!